宮崎研究室へようこそ

宮崎研究室では,主に大規模・高性能計算,インタフェース技術を含む情報検索や情報推薦に関する研究に取り組んでいます.
→主な研究テーマ

[新着情報]

2018/03/06: DEIM 2018 にて雛形(M2)、柳本(M1)が学生プレゼンテーション賞を受賞しました.学生プレゼンテーション賞は各セッション 1 件まで,優れた研究プレゼンテーションを行ったと座長によって推薦された発表者に対して贈られます.[報告ページ]

2018/02/08-19: 2018年度卒業研究配属説明会: 下記の日程で卒業研究配属説明会を開催します.宮崎研の主な研究テーマはこちら,卒業生の研究テーマの概要はこちらからご確認ください.

場所: 西8号館E棟 7Fコラボ室
日程:
2/8(木) 14:00-15:00
2/15(木) 16:00-17:00
2/19(月) 16:00-17:00

2018/03/04-06: DEIM 2018 にて下記のタイトルの研究発表を行います.

  • 追木 智明,欅 惇志,宮崎 純: “画像の印象に合った音楽の推薦システムの提案”,第 10 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018),P2-3,福井,2018.(to appear)
  • 若月 駿尭,欅 惇志,宮崎 純: “GPU上で辞書を利用したN-gramクエリ尤度の効率的な事前計算”,第 10 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018),A7-2,福井,2018.(to appear)
  • 張 涵,渡 佑也,欅 惇志,宮崎 純,中村 匡秀: “分散環境における多次元データに対する集約演算結果の推定とその評価”,第 10 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018),I6-1,福井,2018.(to appear)
  • 柳本 晟熙,欅 惇志,宮崎 純: “GPU上のMapReduceによる大規模データ処理の最適な分割粒度の動的推定”,第 10 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018),H6-4,福井,2018.(to appear)
  • 左近 健太,欅 惇志,宮崎 純: “密度ベースクラスタリングによる多峰性コピュラを用いた情報検索の高精度化”,第 10 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018),D5-3,福井,2018.(to appear)
  • 雛形 奎祐,欅 惇志,宮崎 純: “他視点のオブジェクトを検索可能な画像検索システムの構築”,第 10 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018),D5-2,福井,2018.(to appear)
  • 朝日 諒,欅 惇志,宮崎 純: “離散値特徴量や特異な嗜好ケースを考慮したコピュラを用いた推薦システム”,第 10 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018),D1-4,福井,2018.(to appear)

2018/01/11: 新年会を行いました[報告ページ]

2017/12/22-23: 第166回 データベースシステム研究会にて渡(M2)が下記タイトルの研究発表を行い,学生奨励賞を受賞しました.[報告ページ]

  • 渡佑也, 欅惇志, 宮崎純, 中村匡秀: “RDBとKVSを相互に活用した大規模多次元データに対する集約演算の効率化”, 情報処理学会 第166回 データベースシステム研究会, 東京, 2017.

2017/09/19: 第10回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2017) にて下記のタイトルの論文が論文賞 runners-up に選出されました.

  • Atsushi Keyaki,Jun Miyazaki,and Kenji Hatano :”Effective Mobile Search using Element-based Retrieval”,第10回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2017), 文京区, September, 2017.

2017/09/18: 東京都文京区にて開催される第10回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2017) にて下記のタイトルの研究発表を行います.

  • Atsushi Keyaki,Jun Miyazaki,and Kenji Hatano :”Effective Mobile Search using Element-based Retrieval”,第10回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2017), 文京区, September, 2017.

2017/09/8: 東京都武蔵野市で開催された第11回テキストアナリティクス・シンポジウム にて下記のタイトルの依頼講演を行いました.

  • 欅 惇志:”SIGIR2017参加 (開催) 報告 ~ 会議概要とニューラルネットな情報検索 ~”,第11回テキストアナリティクス・シンポジウム, 武蔵野市, September, 2017.

2017/09/3: 沖縄県那覇市で開催されたNLP若手の会 (YANS) 第12回シンポジウム にて下記のタイトルの研究発表を行いました.

  • Atsushi Keyaki, Kazunari Sugiyama, Min-Yen Kan, and Jun Miyazaki:”Preliminary Experiments on Semantic Tagged Information Retrieval”,the 12th Young Researcher Association for NLP Studies (YANS 2017), Japan, September, 2017.

2017/08/28-31: フランスで開催された28th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017) にて下記のタイトルの研究発表を行いました.[報告]

  • Toshiaki Wakatsuki, Atsushi Keyaki, and Jun Miyazaki: “A Case for Term Weighting using a Dictionary on GPUs”,proceedings of the 28th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017), France, August, 2017.

2017/07/15-16: 神奈川県の箱根へ研究室旅行に行きました.[報告ページ]

2017/07/14: 情報処理学会論文誌データベース にて下記のタイトルの論文が採択されました.

  • Atsushi Keyaki, Jun Miyazaki, Kenji Hatano: “Effective Mobile Search using Element-based Retrieval”,TOD75, September, 2017. (in press)

2017/07/07-09: 中国で開催されるThe Asia Pacific Web and Web-Age Information Management Joint Conference on Web and Big Data (APWeb-WAIM 2017) にて下記のタイトルの研究発表を行いました.

  • Shuhei Kishida, Seiji Ueda, Atsushi Keyaki, and Jun Miyazaki: “Skyline-based Recommendation Considering User Preferences”,proceedings of the Asia Pacific Web and Web-Age Information Management Joint Conference on Web and Big Data (APWeb-WAIM 2017), China, July, 2017. (to appear)

2017/6/24: DEIM 2017 にて発表した下記の論文が優秀論文賞を受賞しました.[報告ページ]

  • 佐々木 夢,欅 惇志,宮崎 純: “検索対象データの事前インデックスを必要としない Top-k 検索アルゴリズムの提案と評価”,DEIM 2017 Proceedings,岐阜,2017.

2017/04/10: 顔合わせミーティングを行うため,宮崎研究室新規配属者は 4/10(月) 18 時に西8号館E 7F コラボ室に集合してください.

2017/04/03-07: モロッコで開催された32nd ACM Symposium on Applied Computing (SAC2017) にて下記のタイトルの研究発表を行いました.[報告ページ]

  • Atsushi Keyaki and Jun Miyazaki: “Part-of-speech Tagging for Web Search Queries Using a Large-scale Web Corpus”,proceedings of the 32nd ACM Symposium on Applied Computing (SAC2017), pp.931-937, Morocco, April, 2017.

→過去のニュースはこちら


アクセス

東工大大岡山キャンパスまでは東急目黒線/大井町線大岡山駅から徒歩1分です。

宮崎研究室は大岡山キャンパス西8号館7階E701にあります。宮崎教授の居室はE703です。

→詳細なアクセス方法はこちら